読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

【お奨め】入出金方法その3:海外送金

皆さん、こんにちは。サポートブログ編集長です。

 

今回も入出金方法について書いていきますね。今日のトピックは、海外送金です。

 

 

XMでは国内送金(次回解説します)を取り扱っているので、多くの方は円建ての取引口座をXMに開設して国内送金で入出金されるかもしれません。

海外送金は送金手数料が掛かるうえに、着金までに時間が掛かりますから。。。

 

けれど、海外送金にもメリットがあるんです。

 

  • 外貨建て運用で資産を分散
  • 為替差益を獲得

 

外貨建て運用で資産分散

XM含め、円建て取引口座を提供してくれる海外FXブローカーが最近増えてきました。皆さん日本で生活しているから、円建てで運用するニーズは高いですよね。

でも、最近ニュースで取り沙汰されている預金封鎖の懸念が高まっていますので、資産を守るために、あえて外貨建てで運用するのもアリだと思います。

 

為替差益

外貨建てで運用していたとしても、出金する際には、お持ちの円口座に送金を指示することができます。出金時のレートが入金時のレートよりも円安になっていて、結果として、出金額に為替差益が付いてくることもあり得ます。

 

こうした理由で、海外送金(+外貨建て口座運用)を考慮してみる価値はあると思われます。

 

では、海外送金を利用した入出金手順と注意について、下で説明していきます。

 

海外送金での入金について

入金手順

XM会員ページにログインして、「入金」メニューをクリックしてください。

 f:id:xmforex:20150317115048p:plain

 

入金メニュー画面において、「Bank Wire Transfer」右の「詳細情報」を選びます。

f:id:xmforex:20150320124813p:plain

 

すると、海外送金先の銀行情報画面が出てきます(画像では、USD口座の場合です)。このページに記載されている送金先情報を利用して、ご利用の金融機関の窓口またはオンラインバンキングなどで、海外送金を行いましょう。

f:id:xmforex:20150320124846p:plain

 

注意:金融機関で海外送金を依頼する場合に、XMの取引口座番号を追記欄などに必ず明記しておいてください。

 

以上で、海外送金手順が完了しました。

 

送金手数料

$200相当以上の海外送金の場合、XM側の銀行で発生する送金手数料はXMが負担してくれます。皆さんがご利用の金融機関側で発生する手数料については、皆さんが負担することになりますのでご注意ください。

 

口座反映時間

国際送金であるため、証拠金が口座に反映されるまでには、2~5営業日ほど掛かります。

 

海外送金での出金について

出金手順

入金手順と同様に、XM会員ページにログインして、「出金メニュー」へ進んでください。

f:id:xmforex:20150318135102j:plain

 

「Bank Wire Transfer」右の「出金する」を選択してください。

f:id:xmforex:20150320125113j:plain

 

出金先口座情報フォームが出てきますので、記入をしましょう。

f:id:xmforex:20150320125123j:plain

 

出金先情報フォームに記入する際の注意

 受取人のお名前

皆さん自身の氏名をアルファベットで記入してください

 

住所

英語で記入します。例えば、

「〒100-0001 東京都千代田区千代田1-1-1 Aビル501」を英語で書くと、

 

501, A-building, 1-1-1, Chiyoda, Chiyoda-ku, Tokyo, 100-0001, Japan

 

となります。

 

受取人の口座番号

出金先となる金融機関の口座番号を記入してください

 

受取人銀行 銀行名

ご利用の金融機関の正式英語名を記入してください

 

SWIFTコード

ご利用の金融機関固有のコードです。

 

更新:国内主要銀行のSwiftコードを一覧表にしました。

こちらの記事を参照してください。

xm-fx.hatenablog.jp

 

 銀行所在地

ご利用の金融機関の住所を英語で記入してください。上記の英語住所の例を参照ください。

 

支店名

英語で記入してください。例えば「丸の内支店」の場合だと、

Marunouchi Branchとなります。

 

仲介銀行について

皆さんがご利用の金融機関とXM側の銀行との海外送金を処理する際に、2つの銀行間を中継する金融機関が介在する場合があります。ご利用の金融機関が仲介銀行を利用しているかどうか、必ず確認してください

 

必要情報を記入したら、「リクエスト送信」をクリックします。

これで出金リクエストが完了しました。

 

出金手数料

$200相当以上の出金の場合、XM側の銀行で発生する送金手数料をXMが負担します。

皆さんの金融機関側で発生する手数料は、みなさんが負担することになりますのでご注意ください。

 

着金までの時間

2~5営業日掛かります。

 

海外送金では、ネッテラー同様に、証拠金とトレード利益をまとめて出金することができますので、上手に活用するのをお勧めします。

 

まとめ

今回の記事は長文になってしまいましたが、大事なポイントは下の5つです。

 

  • 資産分散としての外貨建てに利用できる
  • 外貨建て運用の場合、入出金の際に為替差益があるかも
  • 証拠金とトレード利益をまとめて出金可能
  • 自分が利用する金融機関側の手数料はどうしても発生する
  • 入金・出金ともに、2~5営業日掛かる

 

次回は、国内銀行送金について解説します。お楽しみに!

 

イチ押し海外FX業者XMのかんたん口座開設は、こちら

XM 口座開設


海外FX ブログランキングへ