読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

【ギリシャ危機】結局その後、ギリシャの状況ってどうなったの?

こんにちは。サポートブログ編集長です。
ちょうど3ヶ月ほど前でしょうか。

 

世間は、ギリシャのデフォルト危機の話題で持ちきりでした。
7月中旬に、ギリシャ議会で財政健全化法案が可決化されたことで、ギリシャ政府とトロイカIMF・EU・ECB)とが歩み寄ったことで、皆一安心。それ以来、ぱったりギリシャ危機の話題は注目されなくなりました。

 

注目されない話題には取り合わないのがメディアってもんですが、個人的にはどうしても事の顛末が気になるので(苦笑)、ちょっと調べてみました。

 

財政健全化法案が可決された後、ギリシャではどんなことが起こったのか?

 

まず、ギリシャのチプラス首相は首相の職を辞し、議会解散総選挙を行うことを宣言。
選挙実施日は、9/20でした。 

www.reuters.com

 

チプラス首相が所属している急進左派連合(Syriza)は、トロイカによる救済策や緊縮財政に反対する姿勢を掲げ人気を集めました。けれども、結局、首相は方針を変えてトロイカと妥協し、資金援助を受けることを決定しました。そんな「寝返り」を受けて、下馬評では、”Syrizaは政権を取ることは難しい”、”中道右派勢力が政権を取り返すのでは”、という見方が多かったようです。

 

ですが、選挙の結果はSyrizaが有効投票の35%を獲得して、与党に返り咲きました。
チプラス政権は続投となったわけです。

www.reuters.com

www.theguardian.com

ここまでが、先月末までのお話です。

 

現在、ギリシャ政府は財政健全化を押し進めるための各種措置を議会で議論・採決を行い、トロイカが提示した再建策を遵守する方向で動いています。2年以内に、資本市場に復帰することを目指すそうで、頑張ってもらいたいです。

uk.reuters.com

 

テレビなどのメディアでは以前ほど騒がれていませんが、ギリシャが綱渡り状態であることには変わりません。相場を動かすニュースの発信源となる可能性は否定できないので、まだまだ目が離せませんね。

 

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

ブログランキング参加しています。
応援よろしくお願いします!

海外FX ブログランキングへ