読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

【日本時間12/17午前4時】FOMC声明発表直前!主要エコノミストの見解を比較してみる

こんにちは、サポートブログ編集長です。アメリカ時間12/16(水)午後2時(日本時間12/17(木)午前4時)に、FOMCの声明発表が迫っていますね。数日前から利上げ実施を見越してか、USDを含む通貨ペアの値動きが大きくなってきました。

 

今回はFOMC声明直前!ということで、主要エコノミストの見解を比べてみようと思います。

 

比較するのは、下記の3つのレポートです。

news.forexlive.com

 

www.fxstreet.com

 

www.bloomberg.com

 

Goldman Sachs

ゴールドマン・サックスFOMC直前レポートのポイントは下記の通りです。

 

  • 利上げは確実に発表されると思われる。
  • 政策金利利上げ幅は0.25~0.50%程度であろう。
  • 利上げは今回限りではないはず。「徐々に利上げしていく」ことが暗示されると思われる。
  • 追加の利上げは、経済見通しの結果に依存するだろう。

 

ゴールドマン・サックスのレポートは、会合後の声明発言の内容にフォーカスをした分析でした。

 

Morgan Stanley

モルガン・スタンレーのレポートのポイントは次の通りです。

  • FOMCでは、「徐々に利上げしていく」というメッセージが織り込まれるだろう。
  • 2016年中に、2回もしくは3回の利上げが行われるのではないか。
  • FOMCがメッセージ伝達に失敗した場合、USDはG10通貨(メジャー通貨)に対して弱くなるだろう。
  • そのため、メジャー通貨ではAUDとCAD、マイナー通貨ではTRYとBRLに対してUSDをロング(買い持ち)するべき。

 

モルガン・スタンレーのレポートは、具体的なUSDの取引アドバイスにまで踏み込んでいる点に特色がありますね。

 

Bloomberg

ブルームバーグでは、FRB/FOMCウォッチャーとして有名なオレゴン大学教授のTim Duy氏が寄稿しています。

 

  • 今回の利上げ幅は0.25%であろう。
  • 追加利上げは、ゆっくりとしたペースで行われるだろう。
  • 追加利上げの方針は、その時点の経済の状態によって左右される可能性あり。
  • 過去の結果を考慮すると、利上げ後、ドルは下落するだろう。

 

まとめ

印象深いのは、全てのレポートが政策金利の利上げは今回きりではなく、”徐々に”追加利上げをしていくと期待している点ですね。モルガン・スタンレーブルームバーグはドル相場の影響にも言及しています。双方の見解が全く逆なのが興味深い。。。

 

(余談)海外のFX情報サイトFXSTREETでは、FOMC声明発表に合わせて生放送ウェブセミナーをするそうです。興味がある方は是非参加登録してみてはいかがでしょうか?

www.fxstreet.com

 

XMのかんたん口座開設サポートは、こちら
XM 口座開設

 

ブログランキング参加しています。
応援していただけると嬉しいです!

海外FX ブログランキングへ