読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

楽天FXのレート誤配信から読み取るシステム面の重要性

こんにちは。サポートブログ編集長です。
今回はいつもと少し趣向を凝らして、FX業界のお話をしたいと思います。

 

国内FXでの出来事ですが、3/17に楽天FXにて異常レート配信が発生したことはご存知でしょうか?

3月17日(木)夜に発生した、楽天FXの異常レート配信についてご報告とお詫び | 楽天証券

 

3/17の夜に、「売り103.33円 買い118.37円」という異常レートが0.3秒ほど配信されました。

f:id:xmforex:20160328140827j:plain

 

Pips換算すると、スプレッドは1504Pips。。。

 

たとえ1ティックというわずかな時間であっても、多くのトレーダーは損切りのためにストップロスを設定しているため損切りが発動したり、証拠金の額によっては強制ロスカットされたことでしょう。

 

正常レートと異常レートとの差額を調整金として、楽天FXの顧客口座に補てんするという措置を取ったとのことで、現在は騒ぎも沈静化されているようですね。しかし、元DSL証券などが寄せ集まってできた楽天FXは以前からも行政処分クラスのミスを多発しているので、今後もシステム障害は起こるのではないでしょうか。。。。

 

この事案からは、改めてデータサーバーや取引システムの強度が重要であると再認識させられました。

 

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XMZero 口座開設

 

ブログランキング参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

海外FX ブログランキングへ