読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

【要注意】マイナンバー通知カードは提出書類としては不適切!

口座開設時の書類提出

こんにちは。

 

クロス円相場、ちょっと下がってきましたね。
今日は株安が嫌気されて売りが進んだ模様です。

f:id:xmforex:20161128182529p:plain

 

ここから上げ戻すのか、さらに下げて110円まで行くのか。。。

 

いずれにせよ、相場が動いていることは私たちトレーダーにとってはとても嬉しいことに変わりはありませんね。

 

さて、先日、海外FX業界の人間とやり取りをする機会がありました。

 

印象的だったのは、海外FX自体の認知度が高まっているものの、書類提出のミスの度合いは昔からそれほど変わっていない、ということでした。

 

国内FX・海外FX問わず、いやFXに限定することなく、あらゆる分野で書類のやりとりは煩雑なのは変わりませんよね。

 

「書類全体が写った写真データじゃない」
「記載住所が正しくない」
「発行日が古い」
「運転免許証1枚だけしか提出しない」

 

などが、典型的な書類提出ミスの例ですが、今年に入って頻出しているミスがあるそうです。

 

それは、マイナンバーカードとマイナンバー通知カード

 

写真付のマイナンバーカードが発行開始されて10ヶ月以上経ち、XMを始め海外FX業者も口座開設用書類として受け付けるようになりました。

f:id:xmforex:20161128182604p:plain

 

しかし、ここでよく注意していただきたいのは、

 

マイナンバー通知カードは、本人確認書類にも住所証明書類にも利用できない

 

ということです。

 

緑色の紙で印刷された「マイナンバー通知カード」は以下の理由で不適切な書類となります。

 

・顔写真が掲載されていない
・発行日が平成27年10月(2015年10月)である

 

顔写真がない

下のサンプル画像のように、マイナンバー通知カードには顔写真が掲載されていません。

f:id:xmforex:20161128182701p:plain 

XMに提出する本人確認書類は「顔写真が掲載されていること」が必須条件の一つですので、通知カードは受付不可となります。

 

発行日が古い

マイナンバーカードの発行がスタートした2016年1月に先がけて、2015年10月にマイナンバーが私たち一人ひとりにマイナンバー通知カードの交付によって通知されました。

f:id:xmforex:20161128182847p:plain

 

XMの住所証明書類は「口座開設から6ヶ月以内に発行された書類」でなければいけないので、マイナンバー通知カードは住所証明書類としても利用できないわけです。

 

これから海外FXを始められる方は是非ご注意ください。

 

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

ブログランキング参加しています。
応援していただけると嬉しいです!

海外FX ブログランキングへ