XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

クロス円相場、反転!

一般的に「夏枯れ」と呼ばれ、取引量が減って閑散とすると言われる8月のFX市場ですが、今年はどうやら違うようですね。

 

ドル円、ユーロ円などクロス円通貨ペアは非常に活発に動いてトレードし甲斐があります。

 

ここ2週間、クロス円通貨ペアを下げていた要因としては、

アメリカの追加関税
・雇用統計含め期待はずれなアメリカ経済指標
・進展の見えないブレグジット交渉
トルコリラ危機

 

先週、このブログで注目していた日米貿易協定ですが、結局予想通りに結論は持ち越しとなり、相場にインパクトは与えませんでしたね。

www.nikkei.com

 

xm-fx.hatenablog.jp

 

いずれにせよ、上記4つの要因が絡んでクロス円が売られていたと考えられます。

 

アメリカの追加関税

先週、トランプ大統領は米通商代表部(USTR)に対して、中国からの輸入品160億ドル分に対して新たに追加で25%の関税を課すよう指示しました。

 

中国もすでに同規模の報復関税を課すことを決めており、米中の貿易摩擦は泥沼化しています。さらに、アメリカは立て続けにトルコからのアルミニウム・鉄鋼製品に対しても、関税引き上げを決定しました。

 

これは、「トルコリラとの急落から受ける経済的被害を相殺するため」と説明されていますが、「トルコで米国人牧師が拘束されていることを受けての経済制裁」という側面も否定できません。

jp.reuters.com

 

トルコのエルドアン大統領は一歩も引かず徹底抗戦の構えを示しているため、米・トルコの間でも貿易戦争が激化しそうです。

 

弱いアメリカ経済指標

今月の雇用統計は雇用者数が市場予想を下回るなど、若干肩透かしな内容でした。加えて、先週のPMIも市場予想に届かず、ドルには失望売りが発生。

 

とはいえ、現状の世界情勢を見ると貿易戦争など売り材料が多く、リスクオフな市場心理のため、経済指標の数字が良くてもなかなか買いにつながらないと思われます。。。

 

現実味を帯びた「合意なしのブレグジット

先週からにわかに、イギリス政府関係者からブレグジットに関して悲観的な声が出始め、ポンド円を大きく下げています。

f:id:xmforex:20180814132805p:plain

 

カーニーBOE総裁そして、フォックス貿易相から相次いで、EUとのブレグジット交渉での合意に対する懸念が表明されると、ポンドは大きく下げ始めました。

jp.reuters.com

 

カウンターパーティーであるユーロも釣られて下げるなど、影響は拡大しています。

 

トルコリラ・ショック

一連のトルコリラ急落の発端となったのは、エルドアン大統領の権力掌握への懸念です。今年6月に実施されたトルコ大統領選において、現職のエルドアン大統領が再選し、より一層の影響力と権力が同氏に集まることになりました。

 

トルコにおける独裁を危惧して、市場ではトルコリラが売られ始めました。通貨価値が下落するとインフレ気味になるため、トルコ中銀は利上げを実施すべきなのですが、利上げを嫌うエルドアン大統領に忖度して、中銀は利上げに踏み切れていません。

 

中央銀行の独立性がトルコで保たれていない事実も売り材料となり、さらなる売りを招いています。ここに、上で述べたアメリカとの関係悪化も加わり、加速度的にトルコリラが急落しているわけです。

news.yahoo.co.jp

 

トルコリラ関連の債権・証券を保有している欧米の金融機関の財政基盤への懸念に波及し、ドル、ユーロなどにも飛び火して売られている格好です。

 

昨夜、トルコ中銀が金融システム安定のための措置を発表したことを受け、クロス円は一旦上昇に転じています。例えば、ドル円は110.85円まで戻しています。

f:id:xmforex:20180814133135p:plain

 

しかし、追い風となる買い材料がないため、111円台に乗せられるかが今後のトレンドを占うカギとなります。

 

ユーロ円、ポンド円も同様に底を打ったように見えますが、やはり戻り売り戦略が有効でしょうね。

 

 

★8月も100%ボーナス継続中!
最大13,000円の口座開設キャッシュバックもあり!

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

海外FXならXM、海外仮想通貨取引ならBXONE!
BXONEの口座開設はこちら

 

ブログランキング参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

海外FX ブログランキングへ

欧州の祝日に伴う取引時間の変更

今日のここまでのドル円相場は結構動いていますね。

 

110.65~111.15円のレンジに収まっていますが、コンスタントに20Pipsほど抜ける展開なので、いいお小遣い稼ぎができるかと思います。

f:id:xmforex:20180810144918p:plain

 

そういえば、午前中に茂木経済相が昨日の日米貿易協議を受けての会見を行いました。

www.jiji.com

 

報道によると、やはり平行線のようですがアメリカ側にそれほどやり込められてるというほどでもないようです。本日も2日目の協議があり、どういう結論で協議が終了するか楽しみです。私が予想した通りの結果になるのでしょうか? 

xm-fx.hatenablog.jp

 

 

さて、今日はXMから取引時間変更のお知らせが入りましたので、こちらをご紹介します。

 

2018年8月15日(水)と27日(月)はそれぞれ「聖母の被昇天」と「バンクホリデー」の祝日であることから、以下の通り一部のCFD商品の取引時間が変更されます。表記載の時間は日本時間となっています。

 

銘柄

8/15

8/16

8/27

8/28

IT40Cash

終日クローズ

通常通り

通常通り

通常通り

POL20Cash

終日クローズ

通常通り

通常通り

通常通り

GRE20Cash

終日クローズ

通常通り

通常通り

通常通り

COFFE

通常通り

通常通り

20:35取引開始

通常通り

COCOA

通常通り

通常通り

20:35取引開始

通常通り

SUGAR

通常通り

通常通り

20:35取引開始

通常通り

UK100

通常通り

通常通り

終日クローズ

通常通り

UK100Cash

通常通り

通常通り

終日クローズ

通常通り

 

日本はもうお盆休みですね。本日お休みにして連休にされた方もいらっしゃるのでしょうか。帰省ラッシュで大変でしょうが、是非ご実家でゆっくり過ごされてください。

 

 

★8月も100%ボーナス継続中!
最大13,000円の口座開設キャッシュバックもあり!

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

海外FXならXM、海外仮想通貨取引ならBXONE!
BXONEの口座開設はこちら

 

ブログランキング参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

海外FX ブログランキングへ

明日は日米貿易協議、起こりうるシナリオとは?

こんにちは、サポートブログ編集長です。

 

先週のアメリカ雇用統計は期待はずれな内容でしたね。そのせいで、ドル円は現在も下げ圧力が強まっています。

 

とかなんとか、この記事を書いている時点で、ロンドン時間が開始したくらいなのですが、ドル円が急に下げ始めました(!) 

f:id:xmforex:20180808175133p:plain

 

ニュースサイトを見てみると、「上海総合指数が大きく下げたから」、との見方も出ていますが、正直何とも言えません。背景はともかく、重要な事実はドル円が111円を大きなペースで割りこんだということです。

 

短期的な反応だと思われますので、ここで押し目買いをしてみます。吉と出ればよいのですが。。。(PS. 思惑通り反転し始めてラッキーでした!)

 

★8月も100%ボーナス継続中!
最大13,000円の口座開設キャッシュバックもあり!

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

さて、本日のトピックは明日9日(木)にワシントンで開催される日米閣僚級貿易協議です。日本からは茂木経済財政相が、アメリカ側は米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が参加します。

www.jiji.com

 

今回の貿易協議の焦点としては、

・7兆円超の対日貿易赤字解消のため、追加関税発動か
・日米FTA締結か、アメリカのTPP復帰か

の2点が挙げられます。

 

トランプ氏の発言や経済指標のように、ドル円相場に大きなインパクトが出るかは協議後の声明内容次第ではあるのですが、素人分析ではありますが、いくつかシナリオを予測してみようと思います。

 

協議決裂ならドル円下落

このシナリオは極端すぎて実現する確率は限りなくゼロに近いですが、可能性の1つとして考慮しておきます。

 

初回会合で協議終了、となるパターンです。ほぼ100%あり得ないでしょうね(苦笑)これが実現してしまったら、米中のように貿易戦争突入です。

 

その場合、市場参加者はドル円から一旦撤退し、ある程度下落すると思われます。

 

日本からの輸入品への追加関税ひとまず回避

これは相場にとっても歓迎となるシナリオですね。

 

強硬姿勢を崩さないトランプ大統領の指示を受けているUSTR側が折れるとは思えませんが、日本側がUSTRを説得できるに足るデータや証拠を提示できれば実現するかもしれません。

 

日米間の貿易摩擦が過熱しなかったことは市場から歓迎され、ドル円は買われることが予想できます。

 

アメリカに押し切られて2国間FTA交渉に突入

アメリカとの通商問題に関して、日本はFTAによる2国間協議ではなく、TPPによる多国間交渉で進めることを一貫して主張しています。

 

アメリカは日本とFTA交渉を行いたい旨を表明しており、この点での両国は平行線にあります。日本側代表だって日本の国営のために会合に出席するわけですから、そう簡単にアメリカの圧力に屈することはないと思いますが、押し切られないとも言い切れません。。。

 

このシナリオ通りになったら、ドル円は日本時間で日本人トレーダーからの失望売りが先行するでしょうね。ロンドン時間、NY時間では買い戻されて、最終的には相場的に変化なしだった、という動きが見えました(あくまでも妄想・予想の類いです)。

 

次回会合の実施、交渉を継続することで合意

おそらく一番可能性が高い結果はこれでしょう。両国の思惑が絡む交渉ですから、1回の話し合いで結果が出るはずはありません。

 

「両国経済に資する経済・貿易関係が望ましい」とか、「前向きに交渉を続ける意思があることを確認した」とか、「次回会合を早期に設け、引き続き交渉を進めていくことで合意した」とか、の声明が出されるのでは?

 

この場合、市場は特に反応なし、ですよね。

 

 

今回は明日開催される日米貿易協議について分析してみました。上で見てきたように、おそらく平行線で次回会合に持ち越しが一番可能性が高いのですが、交渉事に絶対はありません。

 

蓋を開けてみるまで結果はわからないので、できるだけシナリオを想定しておいて相場の変化に対応できるようトレードの準備をしておくことは大切です。

 

皆さんのトレードの参考になれば幸いです。

 

★8月も100%ボーナス継続中!
最大13,000円の口座開設キャッシュバックもあり!

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

海外FXならXM、海外仮想通貨取引ならBXONE!
BXONEの口座開設はこちら

 

ブログランキング参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

海外FX ブログランキングへ

日銀金融政策変更が相場を動かす

昨日のクロス円通貨ペアの相場は久しぶりに大きく上に動きましたね。

 

変動の要因となったのは、日銀による金融政策の変更でした。

 

2週間前に時事通信が「長期金利目標の柔軟化」をいち早く報道したこともあり、昨日の金融政策決定会合と黒田総裁の記者会見に対して、いつも以上に注目度が高まっていました。

www.jiji.com

 

日銀関連のイベントと発言に市場からの注目が集まるなんて、かなり久しぶりで驚きです(笑)

 

昨日の記者会見では、事前に報道されたように、黒田総裁は長期金利の変動幅を拡げることを決定。事実上の金利上昇を容認するものと市場では受け取られました。

headlines.yahoo.co.jp

 

この会見直後、ドル円などクロス円通貨ペアは急上昇!

 

先週110.80~111.00で推移していたドル円は112円を目指す勢いで買われました。ロンドン時間、NY時間でも買いは継続し、ついに112.15円に到達。

f:id:xmforex:20180802130208p:plain

 

しかし、深夜のFOMCでパウエルFRB議長は利上げ見送りを発表。このニュースが市場の失望売りを誘いました。トランプ大統領による対中追加関税の発表もドル円売りの援護射撃になったとも言えそうです。

www.bloomberg.co.jp

 

それでも思ったよりも売りは強くなく、111.40円近辺でまた上昇に転じます。まだ底堅く展開しているので、111.55~60円近辺の水準で買っておけば、112.00円で利食いできそうですね。

 

ドル円以上に激しい動きになったのがユーロ円です。

 

先週金曜クローズ前に上昇トレンド突入の兆しがあったユーロ円ですが、日銀イベント後に買いが加速。2週間ぶりに131円に届きました。

f:id:xmforex:20180802130238p:plain

 

ユーロ円の価格調整はドル円よりも顕著で、約1円ほど下げています。NY時間はEU関連のイベントは無かったため、ユーロドルが下げたことに釣られたのだと思われます。

 

現在も下げの勢いは弱まらないため、買いエントリーは様子見した方が良さそうですね。個人的には、129.80円で小さいポジションで買って、130.40円での利益確定を目指してみようと思います。

 

ポンド円もユーロ円と同じ展開でした。

 

今週の月曜オープンからじわりと上昇していましたが、黒田総裁の記者会見直後から上昇ペースが上がります。ロンドン時間でポンド円も2週間ぶりに147円に到達し、途中利益確定売りが入りますが、NY時間で再び147.10円に肉薄します。

f:id:xmforex:20180802130322p:plain

 

昨夜クローズ直前に大きくポンドが売られたのは不思議ですが、現在も下げ止まっていません。本日は20時にMPC(イングランド銀行金融政策決定会合)が予定されており、ポンド円にとって大事な日です。

 

カーニー総裁の発言を受け、市場は+0.25%の利上げを見込んでおり、もし「現状維持」との判断だった場合、145円台まで失望売りが進むことも考えられます。

 

とりあえずポンド円は今の価格で売りエントリーして下げトレンドに乗っかるのが賢明でしょうね。

 

 

夏休みシーズンに入り市場参加者が比較的少なくなっているため、相場が動きやすくなっています。予測しない展開になることもあるので、あまり無理せずトレードしていきましょう!

 

★8月も100%ボーナス継続中!
最大13,000円の口座開設キャッシュバックもあり!

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

海外FXならXM、海外仮想通貨取引ならBXONE!
BXONEの口座開設はこちら

 

ブログランキング参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

海外FX ブログランキングへ

スイス祝日に伴う取引時間の変更

こんにちは、サポートブログ編集長です。XMより8月1日の取引時間変更のお知らせが入ってきました。

 

同日はスイス建国記念日の祝日であるため、スイス関連CFD銘柄の取引時間が以下の通り変更となります。

 

銘柄

8/1

8/2

SWI20

終日クローズ

通常通り

SWI20Cash

終日クローズ

通常通り

 

該当するCFD商品を取引されている方はくれぐれもお気を付けください。

 

さて、先週全面円高となったクロス円通貨ペアですが、ユーロ円とポンド円は本日底を打ったような展開となっています。

 

まずはユーロ円。

f:id:xmforex:20180730173114p:plain

 

お次はポンド円です。

f:id:xmforex:20180730173131p:plain

2銘柄ともこの流れに乗って、この水準の内に軽く買いエントリーしてみるのも良さそうです。もし売り戦略をしたい場合には、ユーロ円で129.85円、ポンド円で146.00円まで戻したら売りエントリーしてみてはいかがでしょうか。

 

ドル円は方向感に欠けており、今エントリーしても妙味はなさそうですね。今週は米国雇用統計がありますので、そこに焦点を当ててトレードしていきましょう。

 

個人的には、金融政策が新たな展開を向けた日銀に注目しています。明日の日銀政策決定会合終了後、黒田総裁が何を語るのか非常に気になります。

 

 

★7月も100%ボーナス継続中!
最大13,000円の口座開設キャッシュバックもあり!

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

海外FXならXM、海外仮想通貨取引ならBXONE!
BXONEの口座開設はこちら

 

ブログランキング参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

海外FX ブログランキングへ

一転、リスクオフ相場へ

為替市場は全面調整モードというかリスクオフな動きとなっていますね。主要クロス円通貨ペアは揃って、大きく値を下げておりなかなか上昇できていません。

 

ドル円は先週木曜に131.15円を超えてから失速し、あれよあれよという間に一時111円割れを経験しました。現在は111.00~111.30円の狭いレンジで推移しています。レンジの上限下限で売買をコツコツ繰り返すのが良さそうです。 

f:id:xmforex:20180725151254p:plain

 

ユーロ円は先週から継続して下げトレンドを維持しています。131.80円台から2円ほど下げ129.90円近辺で取引されています。これは積極的に売っていくしかありません。

f:id:xmforex:20180725151330p:plain

 

ポンド円もユーロ同様、149円から一本調子で145円台まで下げていましたが、今週になって底を打ったかに見えますね。現在は146.30円まで戻しています。でも、ここで買いに手を出すのは怖いので戻り売りでエントリーするのが賢明でしょう。

f:id:xmforex:20180725151342p:plain

 

さて唐突に相場の流れが変わった印象がありますが、実はこの動きにはいくつかの要因が絡み合っています。

 

★7月も100%ボーナス継続中!
最大13,000円の口座開設キャッシュバックもあり!

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

続きを読む

XM、World Finance Magazine主催Forex Awardsにて「欧州ベストFXブローカー賞」を2年連続受賞!

こんにちは、サポートブログ編集長です。

 

為替相場にちょっと変化の兆しでしょうか。ドル円はNY時間にトランプ大統領が発した「ドル高批判」によって、ドル買いのペースが落ちています。

www.bloomberg.co.jp

 

112.90円前後から一時112円割れをしたようです。本日112.30~50円で持ちこたえていますが、上値は重いですね。

f:id:xmforex:20180720141629p:plain

 

個人的にはポンド円が気になります。ユーロ円と共に17日から下落しているわけですが、下げ止まったかに見えるユーロ円とは異なり、149.00円から146.20円まで3円近く下げています。

f:id:xmforex:20180720141710p:plain

 

貿易摩擦の影響がじわりじわりと相場に現れてきているのでしょうか。買いたい欲に誘われますが、冷静にエントリーを見極めたいところです。

 

★7月も100%ボーナス継続中!
最大13,000円の口座開設キャッシュバックもあり!

XMのかんたん口座開設サポートはこちら
XM 口座開設

 

さて、本日XMからおめでたいニュースが入ってきました。先月World Finance Magazine主催Forex Awards2018が開催され、XMは「欧州ベストFXブローカー賞」を受賞しました。

World Finance Forex Awards 2018 | World Finance

 

XMは昨年も同アワードにて「欧州ベストFXブローカー賞」を受賞しており、2年連続の受賞です。

続きを読む