XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

マーケット情報

ドル円、2020年3月以来の111円にタッチ!

米国株式とともに、米ドルも堅調に価格を伸ばしています。 この動きのきっかけは先日のFOMC。利上げ開始時期は2023年になるとの予測を盛り込んだため、株式ならびにドル通貨ペアは全面に上昇しました。 bloomberg.co.jp 直近2日では2020年3月末以来となる111…

米経済指標好調でドル円110円前半!そして、雇用統計へ

みなさん、こんにちは。サポートブログ編集長です。 昨夜のNY時間、ドル相場が大きく改善しましたね。 今週は109.30~109.85円の狭い価格帯に留まっていましたが、週後半になって上にレンジを抜けました! これはADP雇用統計ならびに米国PMIなど雇用統計の数…

クロス円通貨ペア、売り圧力強まる

ドル円、ユーロ円、ポンド円など対円通貨ペアがじわじわと値を下げています。 ここ2週間はそれぞれレンジ相場を形成していましたが、徐々に円買いの方向にシフトする動きが共通して見られてきました。 ドルインデックスが上昇していないため、相対的に円がド…

キャピタルゲイン増税発言の影響、一服か

米国10年債利回りが大きく下落したことを受けて、この2週間弱ドル相場は大きく下げています。 このドル売りにさらなる拍車を掛けたのは、バイデン大統領が提案した「キャピタルゲイン増税」です。 bloomberg.co.jp バイデン大領領の提案によると、所得が100…

イースター明けて、相場が動く!

4月に入り、新年度になりました。 今月は月初にキリスト教の祝日イースターが重なったため、非常に静かな相場が続きました。 2日(金)にはアメリカ雇用統計がありましたが、これもほとんど値動きなく。。。結局、週明け月曜になりイースターが明けてから相…

ドル円ついに108円にタッチ!

こんにちは。サポートブログ編集長です。 ドルに対して、円安が止まりません。 2月中旬、105円半ばで足踏み状態でしたが、長期金利の上昇に後押しされる形で難なく1ドル106円を突破。 ドル長期金利上昇に対して、円長期金利は伸び悩み。この金利差が一方的な…

FRBの口先介入あるか?

前回のブログ記事では、目下現在進行形のドル高トレンドについて、思うところを書いてみました。 xm-fx.hatenablog.jp 先週に105.20円台までの調整を挟んだものの、上昇トレンドは息長く続いています。 2月16日には2020年10月9日以来、4か月ぶりとなる106円…

今回のドル高相場は盤石な模様

みなさん、こんにちは。サポートブログ編集長です。 先月末のFOMC以降、ドル高トレンドが形成されています。 当初は米国株の下落を受けての「リスクオフのドル買いではないか?」と思われていたわけですが、実は少し違うようです。 2月に入ってから、ダウ30…

失望売りでアメリカ株下落、ドル相場は上昇!

1/26から昨日深夜にかけて今年最初のFOMC(米連邦公開市場委員会連邦公開市場委員会)が開催されました。 全会一致で現行のゼロ金利政策と量的緩和継続が決定され、金融政策面で大きな変更はありませんでした。 jp.reuters.com 追加の景気支援策について言及…

英・EU首脳会談実施、ポンドに大きな動き!

昨日のヨーロッパ時間午後、ジョンソン英首相とフォンデアライエン欧州委員会委員長との首脳会談が開かれました。 bloomberg.co.jp 今年1月にEからU離脱したイギリスですが、完全にEUから離れたわけではなく現在は移行期間中という立ち位置。通商制度や国境…

明日はアメリカ雇用統計!

みなさん、こんにちは。サポートブログ編集長です。 12月に入り、ついに2020年終了のカウントが始りました。 例年、クリスマス時期が近づくと、年末休暇ムードのためFX市場の取引量は激減する傾向にあります。したがって、最後の稼ぎ時はこの2~3週間になる…

ポーランド祝日によるXM(エックスエム)取引時間の変更

郵便投票の増加によって勝利者の確定が大幅にずれ込んだ、アメリカ大統領選挙。11月8日にバイデン前副大統領が過半数270を超える選挙人を獲得したため、勝利宣言を行いました。 bloomberg.co.jp バイデン氏は公約の1つに巨大IT企業を含む大業への課税強化や…

アメリカ大統領選開票終盤、どちらが勝つか!?

みなさん、こんにちは。サポートブログ編集長です。 3日深夜よりアメリカ大統領選の開票がスタートしましたね。州によって選挙方式が異なること、新型コロナウイルスの影響で郵便投票が増えたことで、今回の大統領選は3日を過ぎてもまだ勝者が発表されていま…

英EU合意を巡って、ポンドが乱高下!

英EU通商協議を巡って、波乱が続いていることは皆さんご存知かもしれません。先月は、ジョンソン首相が既に合意済みのEU離脱協定案(「国内市場法案」)の内容を骨抜きにする法案を英議会に提出したことも記憶に新しいです。 jp.reuters.com ここ1ヶ月、ポン…

大統領選控え、動き始めたドル円

アメリカ大統領選を控え、ドル相場が忙しなくなってきています。 FX市場は「トランプ大統領のコロナ陽性」をすでに消化、現在は追加財政出動や雇用支援など米国内での民主党と共和党の経済対策協議に注目が集まっています。 bloomberg.co.jp 大統領自身の発…

ユーロとポンドが波乱の展開

先週から引き続き下げていたドル円ですが、連休中に反転上昇へ転じました。月曜NY時間に一瞬104円割れとなりましたが、何とか耐えてここが底に。 同日のドル指数は0.6%上昇したことがドル買いにつながったものと見られます。背景には、米国株が大幅に下げが…

菅政権誕生、しかしご祝儀相場は起こらず。。

自民党総裁選は9/14に自民党国会銀と各都道府県連を対象に投開票が行われました。結果は下馬評通り、菅義偉前官房長官の圧勝。 そして、昨日組閣が行われ正式に菅内閣が発足しました。 bloomberg.co.jp 安倍政権の政策を基本的に踏襲すること、安倍前政権の…

ポスト安倍の思惑でクロス円が動く!

先週金曜に突然の安倍総理が辞任発表! bloomberg.co.jp これを受けて、日経平均が一時600円安を記録するなど、金融市場に衝撃が走りました。円も買われて、ドル円だけでなくユーロ円などその他主要なクロス円通貨ペアも下げに転じました。 退陣発表直後から…

FOMC議事録受けての失望売りで調整局面

昨日までのドル買いトレンドが早朝NY時間からドル売りに転換しています。 これは未明に公表されたFOMC議事要旨が原因です。 bloomberg.co.jp ここ数回のFOMCで議題に上っている「イールドカーブコントロール」に関して、FOMCメンバーが導入に消極的なスタン…

日本GDPが戦後最悪でリスクオフ

お盆が明けましたが、8月の相場は例年に比べ相場が動いていますね。 新型コロナウイルスというイレギュラー要因の存在が間違いなく大きいです。 先週半ばに7/23以来となる107円にタッチするなど、ドル円にも今月は活発に取引されています。 107円に載せて以…

米中対立再燃でドル投げ売り中!

先週の4連休以降、米ドルは記録的な下げを見せています。 「海の日」「スポーツの日」の祝日に伴い、FX市場から離れていた方もいらっしゃるかと思いますが、この間、様々な要因が絡み合いドルの嫌気売りが起こりました。 ・4~6月期決算で米ハイテク企業の低…

金利下落で、ドル円売りモード!

こんにちは、サポートブログ編集長です。 ここ数日方向感が見えなかったドル円ですが、本日大きく下げています。 日本時間午前中に早々と107円割れを達成。その後はスルスルと106.90円、1063.80円を割り込んでいます。 原因は米国金利低下が嫌気されてのリス…

欧州通貨にトレードチャンスあり

先週がアメリカ独立記念日が金曜にあったため、アメリカ雇用統計の発表が7/2(木)に前倒しとなりました。 非農業部門雇用者数が事前予想+300万人に対して+480万人、失業率が予想12.3%に対して11.1%になるなど、良い数字が出てきましたが、市場はとくに大き…

XM(エックスエム)の取引時間変更:6/25~6/26

XMからCFD商品に関して、取引時間変更のお知らせが入ってきました。 2020年6月25日(木)が香港の祝日であるため、以下の通り取引に影響が出ます。 銘柄 6/25 6/26 HK50Cash 終日取引停止 通常通り 他のCFD銘柄ならびにFX通貨ペアについては、通常通り取引で…

イールドカーブ・コントロール導入結論出ず、ドル円下げ止まりか?

先週末から今週にかけて、「FRBのイールドカーブ・コントロール導入」がにわかに為替相場の話題の中心となりました。 bloomberg.co.jp アメリカ国内の経済再開が本格化することを受け、楽観的思惑から債券に売りが進んでいます。そのため、米債券の利回りが…

FX市場は全面円安!

世界的に経済活動再開の兆しが見え始めたことを受けて、株価が持ち直してきています。その株高がFX市場にも波及し、クロス円は円安に方向に動きが。 各国中央銀行が財政出動しているため、資金が市場に流れていることも足元の相場に影響をしていると思われま…

英EU通商交渉が平行線で、ポンドとユーロが乱高下!

新型コロナショックのインパクトが強すぎて、それほど注目されていませんが、実は現在もEUとイギリスはEU離脱後の貿易枠組みを巡って、通商交渉を行っています。 2者の話し合いは平行線のまま。。交渉継続の可否を決める英EU首脳会談が6月に迫っており、この…

東京ロックダウン間近で、クロス円下落

欧米を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大している中、比較的感染件数を押さえていたかに見えた日本。 3連休明け、オリンピック延期が決定して以降、国内の感染報告が増加しています。とりわけ、東京の増加数は連日記録を更新しており、「ロックダウン(…

為替相場、ある程度落ち着き取り戻す

みなさん、こんにちは。サポートブログ編集長です。 少し記事の更新が遅れてしまってすみません。 為替相場ですが、2週間前のWHOによる「パンデミック」宣言時のリスクオフはいったん解消されたように感じます。あの時はドル円101円割れ目前まで売られて、ヒ…

FRB緊急利下げも、リスクオフ継続

昨日はFOMC臨時会合があり、なんと0.5ポイントの緊急値下げを決定。 bloomberg.co.jp この緊急利下げは2008年10月のリーマンショック以来、11年5か月ぶりの決定(!)となります。 しかし、米国株式をはじめ相場の反応は限定的(下図はS&P500)、利下げ直後…