読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

【要注意】口座開設時の提出書類で気を付けたい5つのこと

口座開設について 口座開設時の書類提出

みなさん、こんにちは。サポートブログ編集長です。

 

最近は暖かくなったり寒くなったり、まだまだコートが手放せませんね。

体調管理には気を付けたいところです。

 

さて、口座開設においてトラブルが頻発するのは、本人確認書類の提出、だと思います。

 

 

FXブローカーから書類不備の連絡が来て、何回も書類の写真を撮り直した。

何回も撮り直しをして面倒くさい。

 

そういう声をたくさん耳にしてきました。

 

ですので、口座開設の書類で注意すべきポイントを5つにまとめました。

是非、口座開設時の参考としてください。

 

運転免許証1枚では口座開設できない

XMでは、本人確認書類住所証明書の2つの書類が必要です。

運転免許証には住所が記載されているので、これ1枚で書類提出が完了すると勘違いしがちです。

 

運転免許証=本人確認書類、とみなしてしまいましょう。

 

 

書類撮影時にはカメラのピントを合わせること

f:id:xmforex:20150326160418p:plain

iPhoneなどのスマホで書類を撮影する際には、しっかりピントを合わせましょう。ピンボケしていると、記載情報を読むことができませんからね。

 

カメラのフラッシュはOFFに

f:id:xmforex:20150326155147p:plain

これもありがちな書類不備の例です。フラッシュの光が書類に当たると、文字が白飛びして読めなくなってしまいます。特に、スマホですと、フラッシュが自動でONになる場合がありますので、ご注意を。

 

 

ガラケーの場合、画像サイズに注意

ガラケーで提出書類を撮影される場合、撮影した画像をPCで表示させるとサイズが非常に小さくなるケースが多いです。拡大しても文字がつぶれて読めませんので、ファイル保存形式やサイズを調整してFX会社へ提出しましょう。

 

 

住所証明書は住民票を取りに行くのが一番確実

 

XMは、発行6か月以内の各種明細(ガス、電話、カード、水道)や住民票を住所証明書として受付可能です。

 

ですが、発行6か月以内の明細書を保存していない方って結構いますよね?

それに、ご両親と同居されている場合、「自分名義の明細書がない」ということもありますよね?

 

なので、住所証明書は、住民票を取りに行くのがベストです。

 

自分の名義で発行できますし、窓口で簡単に発行できます(200円くらい手数料発生しますが)。住民票を画像保存する場合は、是非スキャナーでスキャンしましょう。

 

住民票はA4サイズですので、スマホで全体を撮影するのはかなり厳しいですよね。最近のスマホ機種なら、カメラの性能が良いですので、拡大しても細部の情報が読めるということがあり得ますが、念のため、スキャンして提出しましょう。

 

 

 

どうだったでしょうか?

 

口座開設サポートでよくありがちな、書類不備の対策として5点挙げてみました。

スムーズな口座開設の参考となれば嬉しいです。

 

XMの口座開設サポートは、こちら

XM 口座開設

 


海外FX ブログランキングへ

 

XM(XEMarkets)サポートブログTopへ戻る