読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XMサポートブログ

XMを中心に、海外FXのこと、口座開設手順、お得なプロモーション情報、ツールの使い方、困ったときのFAQ、その他最新情報について、当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介していきます。みなさんのFXライフの助けになれれば幸いです。

巷でよく聞くNDD、STP、ECNって何?

最近の海外FX業界では、NDDやらECNやらSTPやら、とにかくディーリングデスクを介していないことを全面に強調しているブローカーが増えてきましたね。

 

でも、ちょっと待って。これらの用語の意味、ちゃんと理解していますか?

 

今回は、NDD、ETC、STPについて分かり易く説明してみたいと思います。

 STPとECN、どちらもNDDである

FXブローカーの注文執行の方式は、皆さんご存知のように、DD(Dealing Desk)方式とNDD(Non Dealing Desk)方式に大きく分けられます。

 

そのNDDの種類として、STPとECNがあるわけです。

 

ECNはインターバンク市場に直結する仕組み

ECN方式では、個人投資家ファンド、FXブローカー、証券会社、銀行、その他リクイディティ・プロバイダーなどの売買注文が絶えずマッチングされて売買が成立します。投資家が発注した注文情報は、板情報として追加され、他の注文がぶつけられるのを待つこととなります。そのため、ECN方式では、スリッページが発生する一方で、リクオートは発生しません。株式取引の売買方法をイメージすると分かり易いと思います。

 

ECN方式を導入した場合、透明性を保つため、生スプレッドに手数料を上乗せすることはせず、FXブローカーは取引量に応じて手数料を徴収します。いわゆる取引手数料ですね。

 

この意味において、XM Zero口座はECN方式であると再確認できます。

 

STP方式にはNDDでないケースもあり得る

STP方式では、FXブローカーは顧客の注文情報を直接カバー先へ接続することになっています。しかし、それが実現されているのは、厳密にはMarket Executionを採用しているSTPのみです(ECNは通常Market Executionが採用されている)。

 

Market ExecutionでないSTP方式(つまり、Instant ExecutionのSTP)では、FXブローカーは顧客の注文を一旦自ら決済します(呑みます)。その後、ブローカーは瞬時にカバー先に注文を出しますが、レート次第では損が発生します。そのため、ブローカーは損をしたくないので、リクオートが発生することがあります。

 

したがって、Market ExecutionでないSTPは正確にはNDDでないということになります。

 

NDD方式でフェアに取引をしたいなら、XM Zero口座が間違いなしですね!

 

XMのかんたん口座開設サポートは、こちら

XMZero 口座開設

 

 

ブログランキング、参加してみました。

応援よろしくお願いします!


海外FX ブログランキングへ